メニュー

脳神経外科外来

脳卒中(脳梗塞、脳出血、くも膜下出血など)

脳卒中は突然に発症することが多い

脳卒中は突然に発症することが多いため、救急車で病院に搬送され入院治療を行われる患者さんが多いです。治療の基本は入院治療となりますが、症状が軽度の場合や、症状が出たり消えたりするような場合はクリニックや病院の外来を受診される患者さんも多いです。外来を受診された場合には、症状や画像検査などにより的確に診断することが極めて大切となります。脳卒中は治療までの時間が大切ですので、治療が遅れることで大きな後遺症を残してしまうこともあるためです。

脳卒中には血管が詰まる「脳梗塞」と血管が破れる「脳出血、くも膜下出血」があります。

脳卒中には血管が詰まる「脳梗塞」と血管が破れる「脳出血、くも膜下出血」があります。
脳卒中は過去は死因の第1位を占める病気でした。現在は治療方法や診断方法の進歩や予防治療の普及などにより、第4位と改善傾向ですが、人の寿命が延伸したため、逆に健康寿命を損ねる1番の病気となってしまいました。

脳卒中は予防(再発予防)が大切です。

脳卒中は予防(再発予防)が大切です。脳卒中は再発率が高いですが、定期的に受診してそのリスク因子を管理し続けることで、再発をある程度防ぐことができます。

脳血管疾患(脳動脈瘤、脳動脈狭窄症、脳動脈解離、血管奇形など)

脳腫瘍(良性脳腫瘍から悪性脳腫瘍まで)

頭部外傷(脳震盪から出血性疾患、頭蓋骨骨折、頭部の傷など)

てんかん

神経疾患(神経変性疾患、感染性疾患、不随意運動など)

脊椎脊髄疾患(頚椎症、腰椎症など)

その他(顔面痙攣、水頭症など)

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME